野良猫には、縄張りがあります。縄張りに侵入して鉢合わせになると、大喧嘩になります。たまに、すごい鳴き声で唸り声をあげますよね。
特に雄猫の方がケンカしやすいようで、にゃん吉は雄猫です。
夜中に脱走してしまった時に野良猫とケンカをして、爪でバリかかれて大怪我をしたことがあり、傷口が化膿してただれてしまいました。病院にまた連れていかないといけませんでした。
弱いくせにケンカを買ってしまうようで、逃げればいいのに・・・なんて思ったり。
それに、にゃん吉は夜中でも近所に家の猫を威嚇しに行っていたんです。
ご近所トラブルを夜中にも起こしているとは知らず、すごい気をつけていても脱走してしまうので、どうしていいかわからず悩みました。

猫って基本夜行性と言われていますよね。
ネットを見ると夕暮れから明け方に行動することが多く、日中は寝ていることが多いとありますが、そんな日があったり、夜行性になる日があったりですね。
脱走して帰って来た時は、ぐったり疲れてずっと寝ているなんてこともありました。
結局どうしたかというと、ゲージに入れる習慣をつけました。そんな飼い方があるとは知りませんでした。
最初は、家でヒモをつけて置くのか?と考えましたが、絶対あり得ないと思いました。この意見は、トラブル先の猫の飼い主の意見です・・・。
どう考えてもその辺で絡まってしまうだろうし、かわいそすぎる。
だから、玄関を開ける時間帯はゲージに入れて、開けなくていい時は家で放し飼いにするようにしました。
ここまで来るのに、かなりトラブルが起こり、ペットを飼うということはかわいいからだけでは飼えないと思いましたね。
でも、人間が気をつけてやればペットは癒やされる存在です!